市場を知る

信用できる大量のデータを見て判断する

こんな方におすすめです

  • 賃貸マンションの空室で困っている方
  • 空室対策を考えているが、どのような空室対策をすれば答えが出ない方。
  • 賃貸マンションを考えているが、本当に建てて良い地域なのか、建てるならどのような建物が良いか?きちんと調べたい方

こんなお悩みありませんか

  • 築15年になる賃貸マンションを持っているが、空室が目立ってきました。空室対策の本を読んで勉強しているが、なかなか成果が出ない。
    リノベーションすれば入居が埋まるという話を聞くが、お金を掛けて本当に大丈夫なのか?家賃を下げたら良いと聞くが、本当に安易に下げてしまう事が良いのか?下げなくても埋まる方法はないのか?他にも色々話を聞いているのですが、何をして良いか分かりません。解決策を教えて下さい。
  • 賃貸マンションの建設を考えています。建設会社がプランを持ってくるのですが、本当にこのプランで大丈夫なのか?心配になっています。
    この当りは1LDK 40uでは、家賃9万円取れますよ。と言われるのですが、本当に9万円取れるのか?鉄筋コンクリートはコストが高いから木造が良いですよ!と言われるのですが、本当に木造で大丈夫なのか?建設会社によって言う事が違うので、本当に何が正しいのか?知りたいです。教えて頂けませんか?

市場を知るには

img_photo1.jpg

弊社では、ご提案前に必ず「市場調査」を行っています。 具体的には、「広域商圏」と「競合物件商圏」の2つを行います。

「広域商圏」での調査は、統計データなどによる大きな市場を見る調査です。
人口の動き、世帯数や企業、商業店舗の動きなどを見ながら、今後の地域にもとめられるものがなんなのか、賃貸マンションなのか、商業ビルなのか、駐車場なのかなどを判断していきます。

「競合物件商圏」での調査は、現場を歩いて現場の生の声を聞いて、賃貸物件において「入居者が求めているが、市場には供給されていないお部屋」を探し出します。

近隣物件を平均1,000室は調査しますので、近隣物件の状況が分かり、どのような物件を建てれば入居に困らないか、長期にわたり安定経営ができるかを分析することで、「建てたはいいが空室が目立つ」「家賃を値下げしろとばかり言われる」といったことはなくなります。

資産パートナープランナーズにお任せ下さい

弊社の市場調査は、現場を実際に歩いて調査することに特徴があります。
現場の賃貸マンションのグレードや供給状況を目で見て確認し、不動産会社へも商圏内の業者はすべて訪問し、今の入居者がどのような傾向なのか?すべてヒアリングをかけます。場合によっては近隣賃貸マンション入居者の声も聞きに行くこともあります。

こうした調査の結果を、資料として50〜60ページぐらいにまとめたものをご覧いただきます。情報量が圧倒的に多いため、この市場調査を見れば今後の方針がすぐに立てれると思います。
また、調査費用が安価であることも特徴です。市場調査をマーケティング会社などに依頼すれば30万〜50万円という調査料がかかるとも言われます。しかし、それはあまりにも高額です。

費用

初回相談 : 無料
市場調査 : 100,000円

事例・お客様の声

今回市場調査をして、自分の物件は今の家賃で貸せる事が実感出来ました。
リーシング活動が弱い事が分かったので、自信を持って今の家賃で募集を掛けにいく事が出来ました。その結果賃貸マンション経営が上手くいっています。

市場調査をしてこの地域には1LDKが良い事が分かりました。
初めは、利回りが良いので1Rにしようと思ったのですが、調査をしてみると入居者も1Rを望んでいるが、供給状況が全体の60%。新築時は良いけど、10年後、20年後を考えると、このまま建てようと思った事にぞっとしました。

市場調査をして、入居者ターゲット層も30代の男性という事も分かり、そのターゲットに向けてマンションを作れば良い事も分かり、自信が持てました。

bnr_contact.jpg
Retro jordans for sale, Cheap foamposites, jordan retro 5, cheap jordans for sale, foamposites For Sale, jordan retro 12, jordan retro 11, Cheap jordans for sale, jordans for cheap, jordan retro 11 legend blue, retro 12 jordans, cheap soccer jerseys, Canada Goose sale, cheap jordans, cheap jordan 12