投資分析をする

投資分析で安全性と収益性を見る

こんな方におすすめです

  • 賃貸マンションの新築を考えている方
  • 賃貸マンション経営はリスクが高いとお思いの方
  • 賃貸マンションを建てようと思っているが、10年後、20年後本当に成功しているのか不安な方

投資分析とは

img_photo1.jpg

投資分析とは、一言で言えば、「収益がどのぐらいでるのか?」を分析することです。土地活用をする際に、不安になるのが、ローンの返済や空室など様々な“リスク”が伴うことではないでしょうか?

そんな不安を解消するために、不動産投資理論に基づいた分析を行うと、安心です。「収益性の分析」「安全性の分析」を、不動産投資指標を用いて数値で表すことにより、この土地活用事業を始めてもちゃんと収益があがるのか、その場合どのぐらいの収益が予想されるのか。また、リスクは高くないか、空室がでた場合に収支はどうなるか、10年後・20年後も大丈夫か、などを分析することができます。

資産パートナープランナーズにお任せ下さい

弊社では、CPM(米国公認不動産経営管理士)の資格を保有するスタッフが、不動産投資理論に基づいて細かく分析を行っています。
投資分析を行う際には資産パートナープランナーズ提携専門家との連携を行います。)
数字による事業計画の安心性を実感していただいた上で、事業を始めて頂けます。

また、賃貸マンション経営には色々なスキルがいります。不動産投資のスキル、ファイナンシャルプランのスキル、融資のスキル、所得税・法人税などの税金のスキル、相続税対策のスキル、法律関係のスキル、などさまざまなスキルになります。
これだけたくさんの事を専門家に相談すると相当なコストがかかります。弊社スタッフはこれらのスキルを兼ね備えたスタッフと、幅広い専門家とのネットワークで、オーナー様の土地活用事業をサポートしていきます。

費用

初回相談 : 無料
投資分析 : 30,000円

ご相談の際には、下記書類をご準備下さい。
確定申告書(源泉徴収書)(3期分)、全ての借入の残高明細票、名寄せ帳、登記簿謄本、公図、
建物の建設当初の事業計画(物件購入時の事業計画)

事例・お客様の声

色々な建設会社から新築マンションの事業計画を見ましたが、どう判断して良いか?分かりませんでした。資産パートナーさんに相談してみると、家賃設定が高すぎた事、空室率を適正に見れていなかった事、ランニングコストを少なかった事が分かりました。
このまま契約していると大変な事になっているかもしれません。本当に助かりました。

bnr_contact.jpg
Retro jordans for sale, Cheap foamposites, jordan retro 5, cheap jordans for sale, foamposites For Sale, jordan retro 12, jordan retro 11, Cheap jordans for sale, jordans for cheap, jordan retro 11 legend blue, retro 12 jordans, cheap soccer jerseys, Canada Goose sale, cheap jordans, cheap jordan 12