固定資産税を安くしたい

計画的な贈与税対策で、大きな節税対策を実現

こんな方におすすめです

  • 毎年の固定資産税が高いとお思いの方
  • 税金を払うと残りがあまりなく、今後の生活が不安な方

固定資産税の節税ポイント

img_photo1.jpg

固定資産税は、毎年1月1日現在の土地・家屋・償却資産の所有者に課税される地方税です。
宅地は住宅やアパートの敷地になっている「住宅用地」と店舗等の敷地や空き地などの「非住宅用地」に区分されます。土地は、たんに所有しているだけで固定資産税、都市計画税がかかりますが、住宅用地は税金が軽減されます。

また、建物(住宅)に関しても、条件を満たすものは、税金が軽減されます。
こういった特例を上手に活用すれば、節税効果が期待できます。

また、所得税や相続税は、計算や申告手続を納税者自らが行い税金を納める「申告納税方式」なのに対して、固定資産税は市町村がほぼ一方的にその固定資産を評価して税額を計算して課税される「賦課課税方式」のため、万一間違いや事実誤認があったときには、納税者自身がその訂正を求めなければなりません。

「言われたままにその額を払わなければならない」と思いがちですが、実は、固定資産税の仕組みを知っていれば、意外と安くなることがあります。3年ごとに評価の見直しがされるため、諦めることなく正しい評価がされているのか見直しすることをおススメします。

資産パートナープランナーズにお任せ下さい

固定資産税の評価に関しては、行政より評価された評価額がお客様がお持ちの土地や建物の本来の評価額より高いという事を客観的事実情報を基に役所と交渉を進めていかなければなりません。

お土地の評価であれば、路線価や接道、地型、それに加えて専門的な必要ですし、建物の評価であれば構造計算の技術など一専門家がカバーできる範囲を超えた経験とノウハウが必要です。

資産パートナープランナーズでは、税理士・土地家屋調査士・一級建築士などこの分野のエキスパートを揃え、お客様の問題解決をサポートいたします。

費用

初回相談:無料
内容により2回目から費用発生

bnr_contact.jpg
Retro jordans for sale, Cheap foamposites, jordan retro 5, cheap jordans for sale, foamposites For Sale, jordan retro 12, jordan retro 11, Cheap jordans for sale, jordans for cheap, jordan retro 11 legend blue, retro 12 jordans, cheap soccer jerseys, Canada Goose sale, cheap jordans, cheap jordan 12