資産パートナープランナーズ通信

争族にならないための相続とは。

2014.05.10 guest

相続税対策のアパート経営や借地契約、養子、遺言書等はみんな争続となる危険をはらんでいます。

 

相続人が望まないアパート経営を強いたり、ローン付きだったり、兄弟で分割できなかったり

一人にだけ有利な対策であったり、不動産や株等の増減で平等でなくなっていたり、

介護による不公平感を賄いきれなかったりします。

 

 

 

そもそも相続税対策をされる方は御自分がしっかりされています。

でも奥さまやお子様方はいかがでしょうか。

 

ご自分が描いた相続税対策は、後に残された方々に十分納得のいく、

受け入れられるものでしょうか。

相続は財産を分けるものです。

 

 

例えば2億円の財産も4人で分ければ5千万円ずつです。

2億円の財産を持っている父親の考えと5千万円をもらう子供たちとでは

スタンスが違うように思います。

 

 

 

残す側から相続を考えるのではなく、もらう側に立って相続対策をすれば、

争続も少しはなくなるかもしれません。

bnr_contact.jpg
Retro jordans for sale, Cheap foamposites, jordan retro 5, cheap jordans for sale, foamposites For Sale, jordan retro 12, jordan retro 11, Cheap jordans for sale, jordans for cheap, jordan retro 11 legend blue, retro 12 jordans, cheap soccer jerseys, Canada Goose sale, cheap jordans, cheap jordan 12