資産パートナープランナーズ通信

3種類の遺言書(2)

2015.09.19 guest

こんにちは。勝です。

 

今日は、3種類の遺言書のうち

最後の遺言書についてご説明します。

 

秘密証書遺言

 

公正証書遺言と同じように公証役場で作成するのですが、遺言書の

内容を密封して、公証人も内容を確認できないところが、その相違点です。

 

自筆証書遺言と秘密証書遺言は、作成時点でその内容を本人以外に

知られることがなく、プライバシーを守ることができますが、本人の死後に

家庭裁判所で検認の手続きが必要となります。

 

検認の必要がないのは、公正証書遺言の場合だけです。

 

以下に、秘密証書遺言のメリット・デメリットについてまとめました。

 

秘密証書遺言のメリット

 ・遺言内容の秘密を確保できる

 

秘密証書遺言のデメリット

 ・費用が掛かる

 ・開封時、遺族は家庭裁判所の検認が必要

 ・検認を経ないで遺言を執行すると5万円以下の過料に処せられる

 ・遺言したこと自体は公証人と2人の証人(計3人の他人)に知られる

 

以上が、3種類の遺言の概要となります。

 

このほかに、例外的には、本人の臨終間際に第三者に口述筆記をして

もらい、その内容を確認する証人2人以上が、署名・捺印して作成する

ことも可能です。

 

しかし、この場合、親族などが筆記したものは、歪曲の恐れがあるため、

認められません。この場合の証人も、公証人役場での証人資格と同様です。

これは、あくまで緊急的な措置です。

 

本人が健康でしっかりした意識状態のうちに、時間を作って遺言を作成

しておくことが望ましいのは間違いありません。

 

遺言書作成の起案やアドバイスについて、遺言書に盛り込むために行う

相続財産の調査について、まずはお気軽にご相談ください。

 

※被相続人のお身内の方からのご相談を多くいただいております。

 事前に自身が相続人であることと、被相続人の方に遺言書作成と

 その保管の意思があるかの確認をお願い致します。

bnr_contact.jpg
Retro jordans for sale, Cheap foamposites, jordan retro 5, cheap jordans for sale, foamposites For Sale, jordan retro 12, jordan retro 11, Cheap jordans for sale, jordans for cheap, jordan retro 11 legend blue, retro 12 jordans, cheap soccer jerseys, Canada Goose sale, cheap jordans, cheap jordan 12