資産パートナープランナーズ通信

企画を考える

2014.02.24 guest

マンションから家賃収益をアップさせるために

重要なこととは何だと思いますか。

立地でしょうか。建物のグレードでしょうか。

それは、「企画」です。

立地条件の悪さも、「企画」しだいで十分カバーできます。

企画の基本的な考え方は、まず、市場調査で入居者ターゲットを絞ります。

そしてそこにしかないような、限定の方達へ向けて「あなたのために建てましたよ!」

というような希少価値のあるマンションをつくる事がポイントです。

それができれば家賃を相場より高く設定しても、入居は入ります。

そして最近、大当たりしている企画マンションといえば「シェアハウス」

ではないでしょうか。

ある調査によると、国内のシェアハウスは1700施設あり、3年で2倍に増えたそうです。

そしてこれまでのシェアハウスといえば、「家賃が安い」という事が一番のメリット

というイメージがありましたが、今は人気の理由はそれだけではないようです。

最近のシェアハウスは入居者層を絞った「ライフスタイル提供型」が

増えてきています。

そして、その種類も実に多彩になってきました。

例えば、、、

ゴルフ愛好者向けシェアハウス

音楽愛好者向けシェアハウス

子育て支援シェアハウス

ダイエットシェアハウス  など、

そして、このような入居者を絞ったシェアハウスは、家賃も相場より

高く募集できているところもあるようです。

東京の南青山にあるシェアハウスでは6.3畳の部屋の家賃が89,000円

(共益費は別途13,000円)で、表参道にある物件では9畳の部屋の家賃が

130,000円(共益費は別途12,000円)と、相場より2割くらい高く設定されているといいます。

それでも人気が高いのは他にはない何か大きな魅力があるのでしょう。

そして、入居率も良いようです。

シェアハウス運営事業者のアンケート結果によれば、稼働率が90%を超える

運営業者は全体の半数を超え、全体の1割が100%稼働していると言います。

このように、ライフスタイルを提供していくことが、ますます厳しくなる

賃貸業界で勝ち残る術になると思います。

bnr_contact.jpg
Retro jordans for sale, Cheap foamposites, jordan retro 5, cheap jordans for sale, foamposites For Sale, jordan retro 12, jordan retro 11, Cheap jordans for sale, jordans for cheap, jordan retro 11 legend blue, retro 12 jordans, cheap soccer jerseys, Canada Goose sale, cheap jordans, cheap jordan 12