資産パートナープランナーズ通信

法定相続分の問題第2回

2016.05.24 guest

こんにちは。
税制が変わり相続での問題が
さらに増えてきています。
今回は前回に引き続き、
法定相続分の問題である
遺留分と遺言について
ご検討させていただきます。

まず遺留分からです。
遺留分とは、簡単に申しますと
残された家族への最低限の財産保証の事を言います。
遺言等で法定相続人の名前が書かれていない場合に、
利用する事が出来ます。

直系尊属の場合、法定相続分の1/3
それ以外の場合、法手相続分の1/2
が保証されています。
ただし、兄弟姉妹は保証されていません。


次に遺言についてです。
被相続人がピンポイントで
財産を上げたいときに書きます。
遺言には種類があります。

自筆証書遺言

公正証書遺言

秘密証書遺言

これらの3つはメリット・デメリットがあります。

その時々にあった方法で行うのが良いでしょう。


また書く時の注意点があります。
まず一つ目に、厳格な要式行為性が必要である。
二つ目に、遺留分への配慮が必要である、
三つ目に、遺言を多数作らない。

など様々な注意点があります。


一番良い方法が費用はかかりますが、
公証人が行うのが一番良い方法だと感じます。
個人の意見ですが。

ここまでくるとすごく難しくなってきます。
自分の知識では限界があります。
詳しい方にご教授いただくことが
これから先、円満に過ごすことができるでしょう。

bnr_contact.jpg
Retro jordans for sale, Cheap foamposites, jordan retro 5, cheap jordans for sale, foamposites For Sale, jordan retro 12, jordan retro 11, Cheap jordans for sale, jordans for cheap, jordan retro 11 legend blue, retro 12 jordans, cheap soccer jerseys, Canada Goose sale, cheap jordans, cheap jordan 12