資産パートナープランナーズ通信

法定相続分の問題

2016.05.07 guest

こんにちは。
税制が変わり相続での問題が
さらに増えてきています。
ここで今回は法定相続分の問題である
特別受益と寄与分について
ご検討させていただきます。

まず特別受益からです。
生前に受けていた特別な財産の事を言います。
なぜこのような制度があるのか。
相続発生時、遺産分配する時に
公平さを保つ為に設けられています。
円満な相続の場合は、
この特別受益は省いて遺産分配の計算をする事が出来ます。
円満な相続ではない場合、
この特別受益を持ち戻しみなし財産として遺産分配を行います。
家族内でのトラブルを限りなくゼロにする為に用います。
また、特別受益の持戻しの免除という制度もあります。
これは、被相続人(死亡者)が特別受益とみなさないと
意思表示しておけば遺産として免除されます。
遺言書や口頭どちらでも認められます。
ただ、口頭では争いになる可能性が高いので
遺言にしておくのが効果的です。

次に寄与分です。
被相続人の財産形成に貢献してきた相続人に対して
相続分以上の財産を与えようとする制度です。
原則として寄与分は相続人全員による協議で決められます。
決まらない場合は、裁判所にて行い協議します。
寄与分の金額が決まれば、全体の相続金額から
差し引いた状態で遺産分配を行います。

これらのことからわかるように
相続時期になると争族時期にもなるのです。
このような争いをしないためにも
知識を身につけると言う事と、
しっかりとした遺言を書いてもらう事がとても重要になります。
少しずつ知識を身につけて
円満相続をしていきましょう。

次回は相続の知識をもう少し深堀りしてみましょう。

bnr_contact.jpg
Retro jordans for sale, Cheap foamposites, jordan retro 5, cheap jordans for sale, foamposites For Sale, jordan retro 12, jordan retro 11, Cheap jordans for sale, jordans for cheap, jordan retro 11 legend blue, retro 12 jordans, cheap soccer jerseys, Canada Goose sale, cheap jordans, cheap jordan 12