財産評価を下げる方法

賃貸建物で大幅な相続税の圧縮を実現!

こんな方におすすめです

  • 活用していない土地をお持ちの方
  • 毎年の固定資産税の支払いが大変とお思いの方
  • 子供たちに優良資産を残して喜んでもらいたいとお思いの方

賃貸建物を建てて節税するポイント

img_photo1.jpg

更地の方が利用価値が大きいため、相続税評価額も高くなっています。しかし、建物を建てて人に貸す(貸家建付地)ことによって、すぐにその土地を売ることはできなくなりますので、相続税評価額は安くなり、それだけ相続税も少なく済みます。

そのため、土地の相続税評価額を安くする方法としては、その土地に賃貸建物を建てて貸すことに尽きるといえます。

しかし、土地よりも節税効果が大きいのが建物です。
建物の相続税評価額は固定資産税評価額で計算することになっており、新築された建物の固定資産税評価額は約半分になります。(固定資産税評価額は自治体により異なる)そのため、現金を持つよりも賃貸建物を建てることで相続税評価額を半減させる効果があります。

さらに、人に貸すことにより評価額はまた下がります。借家人と2年契約を結ぶと、借家人には、たとえ半年で部屋を空けてくれと言われても2年間の契約をしているので空けなくてもいいという権利が認められます。この借家権は30%とされており、その分建物の評価も30%下がります。

【事例】

更地(相続税評価額2億円)と現金1億円を所有している場合、その更地に1億円のマンションを建築。 土地の借地権割合が60%の地域で、固定資産税評価額は建築費の50%とする。

img_photo1.jpg

これも知っとこ!!

貸家建付地の評価額 = その土地の評価額 ×(1−借地権割合 × 借家権割合)

土地の所有者と異なる名義(妻や子供など)でアパートやマンションを建てると、その土地は貸家建付地にはなりません。

資産パートナープランナーズにお任せ下さい

お持ちの土地に賃貸建物を建てた場合、どのくらいの評価になるのか、気になる方はお気軽に問い合わせください。また、手持ちの現金がない場合には、借入をしてアパート・マンションを建てることになります。

そうすると、借入は課税を免れますので、ますます節税効果は高くなります。現金で建てる場合と借入をして建てる場合、どちらが良いのかといったシミュレーションもお任せください。
お客様に最適な方法を中立な立場でご提案いたします!

費用

初回面談、ご相談はすべて無料
(2回目以降、内容によっては費用が発生する場合がございます)

bnr_contact.jpg
Retro jordans for sale, Cheap foamposites, jordan retro 5, cheap jordans for sale, foamposites For Sale, jordan retro 12, jordan retro 11, Cheap jordans for sale, jordans for cheap, jordan retro 11 legend blue, retro 12 jordans, cheap soccer jerseys, Canada Goose sale, cheap jordans, cheap jordan 12