生前贈与を活用した節税対策

相続を円滑に行うには、遺言書がお勧め!

計画的な生前贈与で、相続税の節税に!

  • 自分が生きている間に、少しでも相続税を減らしたいとお思いの方
  • 現金での相続を考えている方
  • 土地・建物の不動産の相続を考えている方

生前贈与で節税するポイント

img_photo1.jpg

被相続人の残した財産すべてが相続税の課税対象になるわけですから、課税対象の財産を減らしておくことが有効です。つまり、生前に手放せるものは手放した方がいいのです。お子さんやお孫さんに生前贈与して、財産を減らすことを考えてみてください。

注意点としては、贈与税の税率は、相続税の税率よりも大きく設定されており、かえって多く税金を払うことにもなりかねませんので、慎重に検討しなければなりません。

また、年間110万円までの基礎控除やそのほかに活用できる特例がいろいろありますので、その点も考慮しながら、計画的に進めていくことをオススメします。

相続が発生した時点から遡って3年以内に贈与されたものは、相続税の対象となりますので、なるべく早めに生前贈与を始めた方が良いでしょう。

これも知っとこ!!

意外と間違えやすい生前贈与のポイント

生前贈与をしたはいいが、後々に税務署とトラブルになる一番の原因は、贈与をした側が一方的に贈与をしたというだけで、もらった側が本当に贈与を受けていたかどうかがわからない場合です。そのため、贈与をしたという客観的証拠を残すことが大切です。
また、もらった人がもらったものを自由にしようできる必要があります。通帳などの管理は相手に任せるのが鉄則です。

資産パートナープランナーズにお任せ下さい

お客様の家族構成や息子様たちなどとの関係など、あらゆる場合などもすべて考慮し、計画的で最適な節税対策としての生前贈与のご提案を行います。いつ、いくら、誰に、何をすればよいのかを分かりやすくするためシミュレーションをご用意いたします。

資産パートナープランナーズでは、相続問題に長けた専門家とネットワークを組み、個別でご相談を承っております。お気軽にお問い合わせください。

費用

初回面談、ご相談はすべて無料
(2回目以降、内容によっては費用が発生する場合がございます)

事例・お客様の声

遺言を書いていたのですが、話を聞いて見てもらうことにしたら、この遺言書は無効になる可能性があることを聞かされました。一緒になってどのように相続するかを話し合って、新しい遺言書を作成しました。私が亡くなってしまってからでは、どうにもできないことだったので、すごく助かりました。

bnr_contact.jpg
Retro jordans for sale, Cheap foamposites, jordan retro 5, cheap jordans for sale, foamposites For Sale, jordan retro 12, jordan retro 11, Cheap jordans for sale, jordans for cheap, jordan retro 11 legend blue, retro 12 jordans, cheap soccer jerseys, Canada Goose sale, cheap jordans, cheap jordan 12