生命保険

生命保険を使ってかしこく節税!

こんな方におすすめです

  • 相続人に対してまとまった財産を確保しておきたいとお考えの方
  • 流動性のある現預金などの資産をお持ちの方
  • 安定的に収入をお受け取りの方

生命保険で節税するポイント

img_photo1.jpg

相続税のかかる「相続財産」には、被相続人から受け継いだ「本来の相続財産」と、相続税法によって相続財産とみなされる「みなし相続財産」の2つがあります。生命保険金は、この「みなし相続財産」とされ、相続税の課税対象となっています。

しかし、生命保険金は、被相続人が残された家族の生活の支えになるようにと保険料を払っていたと考え、相続税法は生命保険金の一定金額を非課税としています。

【現在の相続税法における生命保険金の非課税枠】 500万円 × 法定相続人の数
例えば、法定相続人が妻・子供2人の場合、生命保険金の非課税枠は1500万円となり、相続税が課税されないことになっています。

しかし、現在出ている改正案では、「法定相続人の数」に次のような基準を設けることで、生命保険金の非課税枠を縮小させるとなっていますので、今後注意が必要です。

【相続税の生命保険金の非課税枠の縮小】
 法定相続人として認められるのは、
 ・未成年者である法定相続人
 ・障害者である法定相続人
 ・被相続人と生計を一にしていた法定相続人
 ・被相続人と同居していた法定相続人
 などとなり、条件は非常に厳しくなります。

資産パートナープランナーズにお任せ下さい

生命保険を使った節税効果がどんなものか、シミュレーションをご希望の方はお気軽にご相談下さい。

私たちは、お客様にとって最適な相続対策をトータルで考えてご提案させて頂きます。

費用

初回面談、ご相談はすべて無料
(2回目以降、内容によっては費用が発生する場合がございます)

bnr_contact.jpg
Retro jordans for sale, Cheap foamposites, jordan retro 5, cheap jordans for sale, foamposites For Sale, jordan retro 12, jordan retro 11, Cheap jordans for sale, jordans for cheap, jordan retro 11 legend blue, retro 12 jordans, cheap soccer jerseys, Canada Goose sale, cheap jordans, cheap jordan 12