延納制度と物納制度

土地の有効活用に最適!安定収入は「企画力」がカギを握る

こんな方におすすめです

  • 財産は不動産がほとんどで、金融資産をあまりお持ちでない方
  • まとまったお金はないが、一定の安定収入が確保できている方

延納制度・物納制度を活用するポイント

img_photo1.jpg

相続税の申告は、相続の開始があったことを知った日の翌日から10ヶ月以内に行う必要があります。そして、原則として、この申告日までに現金で一括して納税しなければなりません。

しかし、相続税の財源となる相続財産には、不動産や株式など現金化するには時間と手間のかかる資産もあり、申告期限までに現金で一括で納めるのは難しい場合もあります。
相続税を期限までに払えない場合には、特例として税金を年賦で支払う「延納制度」と、相続財産そのものを相続税に充てる「物納制度」があります。

どちらも無条件に認められるものではなく、それぞれに条件が定められており、そのすべてを満たしていなければなりません。また、延納は分割払い、すなわち“国に対する借金”に他なりません。

したがって、分割払いができる収入がなければ、借金を返せないことと同じ状況になってしまいますので、安易に延納を選んではいけません。

延納を選択しても金銭で納付することが困難な場合に、納税困難な金額を限度として物納が認められています。物納できるのは、相続または遺贈で取得した財産(不動産や株式など)で、優先順位も定められており、優先順位の高いものから物納することになります。

これも知っとこ!!

第1位 国債、地方債、不動産、船舶
第2位 社債、株式、証券投資信託、貸付信託の受益証券
第3位 動産

土地を物納しようとお考えの方も多くいらっしゃいますが、この場合、国に土地を売却することと結果的には同じですので、いわゆる買う(収納する)立場の国はいろいろと条件をつけてきますので、その土地が物納できるかどうかの確認、また不適格な場合には条件をクリアできる状態に整えておく必要があります。

資産パートナープランナーズにお任せ下さい

私たちは、実績のある専門家とネットワークを組み、お客様の
<納税計画の立案>、<物納財産の選定・調整>、<延納・物納申請手続きの代行>
などを行っております。
まずは、お気軽にご相談ください。

費用

初回面談、ご相談はすべて無料
(2回目以降、内容によっては費用が発生する場合がございます)

bnr_contact.jpg
Retro jordans for sale, Cheap foamposites, jordan retro 5, cheap jordans for sale, foamposites For Sale, jordan retro 12, jordan retro 11, Cheap jordans for sale, jordans for cheap, jordan retro 11 legend blue, retro 12 jordans, cheap soccer jerseys, Canada Goose sale, cheap jordans, cheap jordan 12