ACCESS

〒591-8032
大阪府堺市北区百舌鳥梅町1-30-1

生前贈与

生前贈与

準備中

財産をすこしずつ移すことがお勧め!

こんな方におすすめです。

  • 自分が生きている間に、少しでも相続税を減らしたいとお思いの方
  • 現金での相続を考えている方
  • 土地・建物の不動産の相続を考えている方
生前贈与とは
財産評価を下げるポイント

生前贈与とは、生前にご自身の財産を、奥様やお子様などのご家族の方々(※ご家族の方々以外でも大丈夫です)に渡してあげる事です。
生前贈与の目的とは、「財産の移転」です。
なぜ財産を移転させるかというと、財産を贈与する事によりご自身の相続財産を減らす事が出来るからです。相続財産を減らす事により、相続税も安くする事が出来ます。
併せて、奥様やお子様などのご家族の方々に、生前贈与で相続税の納税資金を渡してあげる事も出来ます。
生前贈与はさまざまな使い方があるのですが、相続税対策で一番効果的な対策が「生前贈与」です。長期に渡り少しずつ生前贈与により、財産移転していく事が一番の効果が出るポイントになります。

注意点
生前贈与は「契約」です。
贈与者(父親など)と受贈者(息子など)のお互いが「贈与します、贈与を受けます」という内容の「贈与契約」を結ぶ必要があります。
よく、父親が息子の為に、黙って預金通帳を作って預金をしているケースがあるのですが、これは「名義預金」と言われ、息子の財産では無くて、父親の相続財産だと言われます。
父親が勝手に息子が合意していないからです。贈与は契約だからです。

生前贈与のメリット
財産を移転する

生前贈与の項目でもお伝えさえて頂いたのですが、生前贈与のメリットは「財産の移転」です。
例えば、息子、娘に毎年110万円(贈与税の非課税枠の範囲)ずつ生前贈与を行います。息子110万円、娘110万円で、合計220万円を無税で贈与が出来ます。
もし、15年間贈与をし続けたとしますと、年間220万円×15年 = 3,300万円 贈与で財産を渡す事が出来ます。
非課税枠の110万円まで贈与抑えないといけないですよね?と言われるのですが、110万円でなくても良いと思います。
よく、500万円贈与しても良いと思いますよ!とお話する事もあります。
贈与税額が10%の50万円程しか贈与税が掛からないので、相続税の税率も最低10%ですし、損はしないと思いますよとお話しております。
もし、毎年500万円ずつ贈与する事が出来れば、贈与税は、48.5万円になりますので、
計算式:(500万円-110万円)×15%(贈与税率)-10万円=48.5万円
贈与税を納めた手取り金額は、451.5万円になります。
もし、息子、娘に500万円ずつ15年間贈与すると(合計1.5億円の贈与)、
451.5万円(贈与手取り)×2人(息子・娘)×15年間=1億3,545万円(贈与手取り)になります。
相続財産も1.5億円減ると相続税も減りますし、息子、娘に財産が移るのでメリットがあります。
生前贈与資金を利用して、生命保険に加入(息子が契約書で父親を被保険者、息子が受取人の保険)する事や、古アパート(固定資産税評価額が安い=相続税評価額が安い)を安く贈与出来るので、息子、娘に収益を渡してあげたり、生前贈与にはさまざまなメリットがありますので、一度色々学ばれると面白いと思います。

非課税対象

準備中

こんな方におすすめです。

  • 準備中
  • 準備中
  • 準備中
準備中

準備中


TOP