立退きを円滑に行いたい

立ち退き費用を0円にする究極の立ち退き法とは?

こんな方におすすめです

賃貸マンション、アパート、文化住宅、貸家をお持ちで、

  • 築40年以上になり地震など構造的な不安があるオーナー様
  • 建替えを考えているが入居者が50%以上住んでいるオーナー様
  • 立ち退きをしたいけど、入居者さんと古い付き合いでなかなか踏み出せないオーナー様
  • 立ち退きをしたいけど立ち退き費用を払う余裕がないオーナー様

こんなお悩みありませんか

  • 所有しているアパートが木造で40年以上になり、そろそろ建替えを考えているが、入居者がまだ半分以上住んでいる。そこで、今まで立ち退きなどをしたこともないし、入居者さんとも古くからの付き合いなので、なかなか言い出せず誰かに頼めることなら頼みたいと思っていた。入居者も高齢の方が多いので、あまり無理をせずスムーズに解決したいと思っている。村の人の目もあるので、とても慎重になっている。
  • 5年後も目途に、現在所有している築35年の文化住宅を建替えようと思っている。なので、入居が30%くらいしか入っていないが止めている状態です。これ以上入居を入れても後で立ち退き費用がかかるだけだと思うので。5年後の立ち退きに向けて出来る限り立ち退き費用がかからないようにしたい、と考えている。

立退きを円滑に行うポイント

img_photo1.jpg

立ち退きといっても物件の状況や入居者さんの状況によりケースは様々です。立ち退き費用が数百万円かかる場合もあれば、数万円で済んでしまうこともあります。

それは、どれだけ戦略的に立ち退きを行えるかによって変わってきます。 弊社では、一つひとつの物件状況に合わせて、またオーナー様の将来のニーズに合わせて、ベストな提案をさせて頂きます。短いスパンで立ち退きをトラブルなく実施する方法から、3年、5年といった長期的なスパンの立ち退きなど状況に応じて対応可能です。

老朽化物件の立ち退きに対するコンサルティングとその業務代行を行っています。

①オーナー様の意向がベース
弊社の立ち退きコンサルティングは、ただ立ち退きをするだけではなく、オーナー様の将来の意向や現状の資金繰りなど様々な観点から考えて、ベストな提案を行うことができます。様々な立ち退き方法、事例をもっています。

②業務代行
本来、オーナー様しか出来ない立ち退き業務を、正当なかたちで代行することも可能です。法的に守られた立場で立ち退き業務をオーナー様と一緒の思いで実施することができます。

③丁寧な対応
立ち退きで重要になってくるのが、入居者さんへの対応です。無下に立ち退きを推し進めるのではなく、次の転居先の斡旋から、条件交渉など少しでも気持ちよく次の生活が送れるような対応をしています。

資産パートナープランナーズにお任せ下さい

オーナー様の将来の意向や今の状況に合わせて様々なご提案をご用意しております。通常立退き業務は、オーナー様ご自身と弁護士にしか認められていませんが、弊社では例外的に、建替えを伴う立退きの場合においては、無償で立退き業務の代行が可能となります。

オーナー様ご自身で立退きを進める場合には、根気がいる上に、時間も費用もかかることが多いため、第三者に業務を依頼する方がオーナー様のためでもあり、入居者のためであります。

ご希望の場合には、また、必要に応じて、弊社のネットワークで優秀な弁護士のご紹介もさせて頂きますので、ご安心してお問い合わせ下さい。

Retro jordans for sale, Cheap foamposites, jordan retro 5, cheap jordans for sale, foamposites For Sale, jordan retro 12, jordan retro 11, Cheap jordans for sale, jordans for cheap, jordan retro 11 legend blue, retro 12 jordans, cheap soccer jerseys, Canada Goose sale, cheap jordans, cheap jordan 12