資産パートナープランナーズ通信

経営者となる心構えをしっかり持つ

2019.05.27 guest

私は、マンションオーナーや、

これからなろうとしている方々には、

数字的なことや利回りなど、

きちんとした現実的な目標を

立てていただくことをお勧めしています。

 

そして、会社を経営するとき同様、

一定の経営方針書や中期経営計画、

年度経営計画を作成することを薦め、

必要であればそれに対するアドバイスを

させていただくこともあります。

 

 

それはもちろん、

明確な成功地点を定めてから方法を

逆算していくためというのもありますが、

それだけでなく、

経営方針書などを作成する過程そのものが、

オーナー自身に経験者であるということを

自覚してすることにも大きく役に立ちます。

 

通常、経営者になろうと思ったら、

誰でも経営学など会社の経営方法を

一生懸命勉強するものです。

 

 

しかし、

マンションオーナーになろうという人の中には、

根本的な経営を自分で

学ぼうとさえしない人が多いのです。

 

 

一番大切なことは「入居率」だと

思いがちなのではないでしょうか。

 

けれども、マンションオーナーというのは、

ただそこにいるだけの

“大家さん”ではありません。

 

何度も言うように“経営者”です。

そうなれば、一番大切なのは「利回り」であり、

闇雲に入居率を上げればいいとも

言えない場合さえあるのです。

 

 

マンションであっても会社であっても、

全く同じこと。

 

経営を順調に進めるための第一歩は、

何よりも一番先頭に立って

経営に携わっていくべき経営者が誰なのか、

ということをきちんと自覚することです。

 

 

経営者となる心構えをしっかり持つ。

 

 

これが、行列マンション経営者になるために

必要不可欠なことなのです。

 

 

コメントの投稿

 ニックネーム(必須)

 メールアドレス(非公開)

 ウェブサイト

コメント

コメント一覧  0件

各専門家に資産運用の相談が、無料で何度でも、できる!詳細はこちらから

Retro jordans for sale, Cheap foamposites, jordan retro 5, cheap jordans for sale, foamposites For Sale, jordan retro 12, jordan retro 11, Cheap jordans for sale, jordans for cheap, jordan retro 11 legend blue, retro 12 jordans, cheap soccer jerseys, Canada Goose sale, cheap jordans, cheap jordan 12