資産パートナープランナーズ通信

経営者としての自覚

2019.05.20 guest

 

マンションオーナーさんは経営者としての

自覚を持たなければいけません。

 

一見、ごく当然のように聞こえますが、

マンション経営が順調に

進まない人の例を見ていると、

何よりも“経営意欲”がない

という原因が見られるケース、

というのが少なくありません。

 

 

もちろん、

意欲のない経営者と一言で言っても十人十色です。

 

その中でも、

最近になって急激に増えているのが

「経営者になる」ということが

目標だったという人です。

 

 

間違った情報や知識などで、

漠然と「マンション経営=儲かる」

というイメージを持って、

他に大きな理由もなく、

とかく経営者になることを

目標としてきたという人が

たくさんいるように思います。

 

 

さらに、最も多いのは、

次第に経営意欲が

なくなってしまったという人です。

 

 

私が知るマンションオーナーの中にも、

固定資産税や相続税のために

マンションを建てる人がたくさんいますが、

この場合、オーナーとなる人自身、

「どうしてもマンションのオーナーになりたい」

というわけではないのです。

 

その結果、マンションを建てたものの、

なかなかうまく空室が埋まらず、

思ったよりも家賃の回収ができないということになっても、

依然としてどこに問題があるのか気づけないのです。

 

 

他のマンションと同じようにやっているつもりなのに、

どうして空室が埋まらないのか。

 

管理を任せている不動産業者が

しっかり仕事をしていないのではないか、

など、

このままでは漠然とした焦りばかりが生じて、

問題は一向に解決へと進めないままです。

 

コメントの投稿

 ニックネーム(必須)

 メールアドレス(非公開)

 ウェブサイト

コメント

コメント一覧  0件

各専門家に資産運用の相談が、無料で何度でも、できる!詳細はこちらから

Retro jordans for sale, Cheap foamposites, jordan retro 5, cheap jordans for sale, foamposites For Sale, jordan retro 12, jordan retro 11, Cheap jordans for sale, jordans for cheap, jordan retro 11 legend blue, retro 12 jordans, cheap soccer jerseys, Canada Goose sale, cheap jordans, cheap jordan 12