資産パートナープランナーズ通信

「コンセプトだけで行列マンションは生まれない

2019.03.23 guest

マンション経営を進めていく上で、

コンセプトの絞り込みをするのと並行して

しなければならないのが「危機感」を忘れないようにすること。

これを忘れては目標にたどりつくことはできません。

 

言葉で表すのは簡単なのですが、

この「危機感」を持つ前の段階で、

皆さんが抱える現実があります。

それは「不安感」です。

今、自分のマンションに果たして行列ができるのか悩んでいる方。

これこそ「不安感」に他ならないのです。

 

なぜだかわからないけれども、

物事が順調に進まないような気がする、

という気持ちや、新しいことを始めようとするときに、

わからないことが多いからこそ、余計な心配をしてしまう。

ここに不安が生まれるのです。

 

では、こうした不安を抱えたまま、

マンション経営に踏み出してしまっていいのでしょうか。

 

答えはノー。

この不安感をあるものに置き換えなければならないのです。

それが先に述べた「危機感」なのです。

 

では、この置き換えをするにはどうしたらいいのか。

ここにたどり着いたら次のように考えてみてください。

 

「目標などを見据えたときに、自分には何が足りないか。

今のままではどのような失敗が想定されるのか」

このことは、経営者に限らず、

多くの人が毎日の生活の中でかかえている感情ではないでしょうか。

しかし、人というのは不思議なもので、

自分が未知の分野に足を踏み入れた途端、

こうした感情を忘れ、ただ不安に陥ってしまうのです。

 

つまり、不安を払拭するためには、

多角的に物事を捉え、それに基づいて明確なビジョンを抱き、

必要なことを逆算してプランニングしていく必要がある。

こうした考えを常に持つことが、

私の言う「危機感」に他ならないのです。

 

しっかりとしてコンセプトを打ち出したマンションだからこそ、

それに安心してしまうのではなく、

さらなる次の目標について考え続けなければなりません。

 

コメントの投稿

 ニックネーム(必須)

 メールアドレス(非公開)

 ウェブサイト

コメント

コメント一覧  0件

各専門家に資産運用の相談が、無料で何度でも、できる!詳細はこちらから

Retro jordans for sale, Cheap foamposites, jordan retro 5, cheap jordans for sale, foamposites For Sale, jordan retro 12, jordan retro 11, Cheap jordans for sale, jordans for cheap, jordan retro 11 legend blue, retro 12 jordans, cheap soccer jerseys, Canada Goose sale, cheap jordans, cheap jordan 12