資産パートナープランナーズ通信

マンションのスラム化を防ぐには?

2018.07.12 guest

 

賃貸マンションは放置すればスラム化をしてしまいます。

建物というのは、新築時こそキレイですが、

長年に渡る風雨や過酷な状況など、経年と共に必ず劣化します。

もし、あなたの賃貸アパマンが何もされず放置され続けたら、

いずれスラム化して、見るに堪えない姿になってしまいます。

 

せっかく、入居者が内見に来た時も

「汚れている!古い!」と思われては、

決まるはずの入居も決まりません。

 

今回は、そんなことを未然に防ぐ方法をお伝えいたします。

 

――――――――――――――――――――――――――――――――

●管理会社は建物管理をしてくれない

●大きな病気になってからでは手遅れに

●まずは自分でチェックしてみる

――――――――――――――――――――――――――――――――

 

管理会社は建物管理をしてくれない

 

良好な賃貸経営に必要な管理業務は、

「賃貸管理」と「建物管理」の2つです。

 

大概の賃貸オーナー様は、

管理会社に入居募集に関する賃貸管理を委託し、

家賃の5%程度を支払っていると思います。

 

しかし、清掃や定期点検などの建物管理は、

賃貸管理費は含まれず、別途オプションサービスであることが一般的です。

よって結果として、そこをケチって利用しない賃貸オーナー様が多いため、

建物が次第に汚れて行くのです…。

 

 

大きな病気になってからでは手遅れに

 

実は建物の体も人間と同じです。

私たちが病院で医者に定期検診を受けて

健康をチェックしてもらうのと同じように、

建物も定期的に専門家に不具合がないかを

診断チェックしてもらうことが長持ちの秘訣です。

 

特に築10年も経った賃貸マンションは、

どこかしら不具合が出ているものです。

ぜひ一度、一級建築士などの専門家にみてもらい、

対策を講じることが必要です。

 

「建物を常に健全でキレイな状態にしておくこと」は、

何より入居者満足に繋がり、

しいては長期的安定経営にも繋がることはもちろんのこと、

建物を資産として評価する際の資産価値の維持にも繋がります。

 

 

まずは自分でチェックしてみる

 

一般的に建設会社は、

新築後2年目までは無料点検してくれることが多いようです。

 

そうなると、建物の共用部分は、誰も管理しないまま放置され、

荒れ放題・汚れ放題となり建物の寿命を縮めることにもなりかねません。

 

そこで、まずはプロに依頼する前に、

是非一度ご自身で建物を見て回って、

汚れや破損など不具合がないかどうか、

ご確認いただくことをオススメします。

 

入居者と世代の近い息子、娘さんに同行してもらい

若い方の意見も交えながら、見てわかる範囲で構いませんので

是非チェックしてみてください。

 

 

コメントの投稿

 ニックネーム(必須)

 メールアドレス(非公開)

 ウェブサイト

コメント

コメント一覧  0件

各専門家に資産運用の相談が、無料で何度でも、できる!詳細はこちらから

Retro jordans for sale, Cheap foamposites, jordan retro 5, cheap jordans for sale, foamposites For Sale, jordan retro 12, jordan retro 11, Cheap jordans for sale, jordans for cheap, jordan retro 11 legend blue, retro 12 jordans, cheap soccer jerseys, Canada Goose sale, cheap jordans, cheap jordan 12