資産パートナープランナーズ通信

土地活用で成功するために必要な5つの視点

2018.04.28 guest

土地活用を成功させるには、何に注意をすればいいのでしょうか。

ポイントはたくさんありますが、なかでも次の5つはとくに重要です。

常にこれらの5つの視点から土地活用を考えることで、

失敗の確率を小さくすることができます。

また、土地活用は相続税対策に有効ですが、それだけではありません。

むしろ収益性に目を向けたほうがいい場合も少なくないのです。 

 

――――――――――――――――――――――――――――――――

●土地活用で成功するために必要な5つの視点

●まとめ

――――――――――――――――――――――――――――――――

 

土地活用で成功するために必要な5つの視点

 

その1.投資分析の視点

土地敦用、マンション経営は多額の費用がかかる投資です。

そのため、事前にしっかりと分析を行ってから始めることが大切です。

具体的にはその物件などに「収益性」があるかどうか、

投資した費用を回収するために「安全性」はどうか、

しっかりと「収益」が見込めるかどうかをあらかじめ調べておくことです。

 

 

その2.市場分析の視点

費用をかけていかに魅力的なマンションを建てたところで、

そこに入居者がいないことにはマンション経営は成り立ちません。

そこで、次に大切なのが市場分析の視点となるわけです。

 

 

その3.ファイナンスの視点

オーナーさん自らの手持ちの資金だけで土地活用し、

マンションなどが建てられればいいのですが、

多くのケースで金融機関から融資をお願いすることになります。

担保があるかなどのご自身の現状から、

資金調達が可能かを考えてみてください。

また、融資をお願いする金乳機関が融資を判断する際のモノサシとして

「担保評価」「積算評価」「収益還元評価」のどれに

重いきを置いているのか事前に知っておくことも大切になります。

 

 

その4.財産継承の視点

2015年での相続税対策改正の影響もあり、

近年、相続対策からどのような建て物を建てればよいか、

逆算して考えるオーナー様が増えてきました。

このブログをご覧になっている方のなかにも単なる資産運用でなく、

相続対策で土地活用する方も多くいらっしゃると思います。

 

 

その5.ダックス・プランニングの視点

節税対策としてマンションを建てるオーナー様もいらっしゃいます。

その際、どのような建物を建てるとより効果的なのか、

また、減価償却のことを考え、どのような構造で建てればよいか

という戦略が大切になってきます。

そして、税引き後のキャッシュフローを最大化させるにあたり、

個人ではなく、法人をつくって土地活用やマンション経営を行う

オーナー様もいらっしゃいます。

「税金」に意識的になることも成功大家になるために必要なことです。

 

 

まとめ

今回は、大枠のお話をさせていただきました。

「1つ、2つの視点は意識している」という方は多いと思いますが、

5つすべての視点を持ちながら経営し続けることはなかなか難しいですよね。

 

次回は、それぞれの視点について少し詳しくお伝えていこうと思います。

深堀りすることによってイメージがつきやすくなると思いますので

ぜひ、楽しみにしていてください。

コメントの投稿

 ニックネーム(必須)

 メールアドレス(非公開)

 ウェブサイト

コメント

コメント一覧  0件

各専門家に資産運用の相談が、無料で何度でも、できる!詳細はこちらから

Retro jordans for sale, Cheap foamposites, jordan retro 5, cheap jordans for sale, foamposites For Sale, jordan retro 12, jordan retro 11, Cheap jordans for sale, jordans for cheap, jordan retro 11 legend blue, retro 12 jordans, cheap soccer jerseys, Canada Goose sale, cheap jordans, cheap jordan 12