資産パートナープランナーズ通信

空室を防ぐ「短・中・長期的対策」について

2018.04.05 guest

 今まで、5週に渡って「一括借り上げ」も「家賃保証」も、

「事業者側を頼りすぎるとオーナーが損をしてしまう!」

ということをお伝えしてきました。

今回は、オーナーさん自ら管理を行う、

または専門家に指示を出ししっかり管理を行う際のポイントについて、

短期、中期、長期と3つの視点から

空室対策のチェックポイントをご紹介していこうと思います。

 

――――――――――――――――――――――――――――――――

●短期的対策について

●中期的対策について

●長期的対策について

●まとめ

――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 

短期的対策について

すでに空室にお困りのオーナーさんにもお伝えしたいのですが、

まず空室対策で手を打つべきことは「募集」「物件の状態」です。

入居者に「住んでみたい」と思わせる募集広告内容になっていますか?

また、その広告は広く伝わっていますか?

入居者募集をお願いしている不動産会社が積極的に案内しているが、

インターネット情報でも公開しているかなどを確認してください。

不動産会社の営業マンは、自分の物件を優先して紹介するものです。

広告料や手数料などで”その気”にさせることも大切です。

さらに、そもそもの家賃や敷金礼金、

入居者の条件などを見直すことも検討してみてください。

 

次に「物件の状態」です。

原状回復をしたいのはいいもののエントランスや部屋の掃除は行き届いていますか?

不動産会社の営業マンが、入居者の内見をしやすい環境を整えることも大切です。

部屋にきれいなスリッパを用意するのもいいでしょうし、

「このように住むといいですよ」と部屋にPOPを設置するのも効果的です。

周辺の地図や、カーテンや家具の設置を考えるときに役に立つ

巻尺などがあるのも印象がいいものです。

 

 

中期的対策について

オーナー業も数年が過ぎ、数度の入居者の入れ替わりも経験するようになれば、

また次なる対策もでてきます。

一度入ってもらった入居者の満足度を高めて、少しでも長く入居してもらうために

アンケートを行うなど、ニーズを聞き出してみましょう。

定期的に会話もできるような間柄になれると理想的です。

そのような関係になれば、退去の際にも

知り合いなど次の入居者を紹介してもらうこともあります。

そして、空室から入居までの期間を短縮できるような

仕組み (ご自身のノウハウや業者産との関係) をつくることが大切です。

 

 

長期的対策について

数年、週十年、とオーナー業を続けていると、

必ず経験するのが「修繕」です。

建物の劣化を計算に入れ、修繕、リノベーションの計画を

長い目で考えておくことをおすすめします。

また、オーナーは「経営者」でないといけません。

なので、経営計画をしっかり立て、その計画通りに進んでいるのか、

進んでいなければどこを変更しなければならないのかをチェックしてください。

 

 

まとめ

私は何度もこのブログで

オーナー様には「経営者としての意識」を

持ってほしいとお伝えしてきました。

安易に一括借り上げをして業者に任せっきりにするのではなく、

しっかりご自身で知識や経験を身に付けていただいて

満室経営を目指して欲しいと思います。

コメントの投稿

 ニックネーム(必須)

 メールアドレス(非公開)

 ウェブサイト

コメント

コメント一覧  0件

各専門家に資産運用の相談が、無料で何度でも、できる!詳細はこちらから

Retro jordans for sale, Cheap foamposites, jordan retro 5, cheap jordans for sale, foamposites For Sale, jordan retro 12, jordan retro 11, Cheap jordans for sale, jordans for cheap, jordan retro 11 legend blue, retro 12 jordans, cheap soccer jerseys, Canada Goose sale, cheap jordans, cheap jordan 12