資産パートナープランナーズ通信

力のある物件を建てる

2018.02.16 guest

――――――――――――――――――――――――――――――――――

●入居者のカテゴリー(入居者層)を決める

●建てたあとからでもオンリーワンの強みはつけられる

●まとめ

――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

1、入居者のカテゴリー(入居者層)を決める

 

周囲の物件にも負けない魅力的な物件のオーナーになるには、

市場調査が欠かせません。

調査の結果をしっかり踏まえ、想定する入居者を決めてください。

その際大事なのは、

自分のマンションにはこんな人に住んでほしいという

オーナー様のイメージです。

 

あまり入居者を絞るより、

誰にも住みやすい万人向けのつくりのほうがいいと考えがちですが、

そういう個性のないマンションはいまあまり人気がありません。

それよりも一定層にとって魅力的というほうが、確実に部屋は埋まります。

最近ですと、女性専用マンション、ペット共有マンション、

防犯マンション、無添加マンション、など、

カテゴリーをはっきり打ち出した「力のある物件」を建て、

差別化を図るオーナーさんも増えています。

 

 

2、建てたあとからでもオンリーワンの強みはつけられる

 

駅から遠い、築年数が古い…

そういう不利な条件の物件であっても、他にはない特徴をもたせ、

それを強みとすることで、入居者を集めることはじゅうぶん可能です。

 

たとえば、当社では、

同じ面積でも開放感を感じられるようにするため、

廊下のほとんどない間取りを提案していますが、

これなどは広いところに住みたいという人に対し、

大きなアピールポイントになります。

また、耐久性、耐震性、断熱性、遮音性などの性能を高め、

それで差別化を図ることもじゅうぶんに可能です。

あるいは、キャリアウーマン向けのマンションとして、

防犯に力を入れ、食洗機やミストサウナ付き浴室などを備えるなど、

入居者のカテゴリーを絞り込み、ニーズを満たす工夫をすれば、

それも強みになります。

 

まとめ

 

「力のある物件」とは、下記のことをいいます。

・普通の物件より、家賃が高く貸せる

・成約率が高い

・空室期間が短い

・家賃下落局面でも、下落幅が少ない

 

このような物件をつくるには、差別化が必要です。

皆さんも、入居者のカテゴリーを絞り込み、

差別化を意識した物件をつくってみてはいかがでしょうか。

 

コメントの投稿

 ニックネーム(必須)

 メールアドレス(非公開)

 ウェブサイト

コメント

コメント一覧  0件

各専門家に資産運用の相談が、無料で何度でも、できる!詳細はこちらから

Retro jordans for sale, Cheap foamposites, jordan retro 5, cheap jordans for sale, foamposites For Sale, jordan retro 12, jordan retro 11, Cheap jordans for sale, jordans for cheap, jordan retro 11 legend blue, retro 12 jordans, cheap soccer jerseys, Canada Goose sale, cheap jordans, cheap jordan 12